将来老いてきたら、有料老人ホームに入りたい

まだ30代の自分ではありますが、既に考えていることがあります。
それは、年老いてきたら、今現在の自宅を売却し、有料老人ホームに入所することです。null
できれば、1人で入所するのではなく、まだ元気なうちに、夫と二人で入所するのが希望。
施設によって全く設備や生活は全く違うでしょうけれど、憧れる理想は、入所からしばらくは“ホテル住まい”のような感覚。
(掃除や料理、買い出しなどの心配のない日々)
夫と二人で趣味などをし、またホームの方々と、麻雀などを楽しみながらゆったりと時を流したいのです。
すごく贅沢な話なんですけどね。
また、末は老人ホームに入りたいと書くと、「お子様はいらっしゃらないのでしょうか?」といった疑問を持たれる方もいるかと思いますが、
我が家には3人の子供がいます。
長男、次男、長女の3人です。
もしかしたら、子供達の誰かが「一緒に暮らす?」といった嬉しい言葉をかけてくれるかもしれません。
でも、子供達には子供達の暮らしがあり、当然ながら、お相手がいますよね。
私は、実の子供にも、そのお相手にも、“面倒をみてもらう”という気遣いをするのが嫌なんです。
有料老人ホームが良いなと思っているポイントは、肉親に直接面倒をみてもらわなくてもいいところ。
私の性格的に、仕事としてプロの方にお任せするのが一番気楽なんです。
それに、もし万が一夫が先に逝ったとしても、その逆だったとしても、
老人ホームにいれば、いきなり孤独になることはないから。
たくさんの思いでの詰まった自宅に一人きりなんて、私個人には耐えられませんもの。
もちろん、老人ホームに夫婦そろって入るだなんて、それをするには財力が必要なので、
35年後を目安に、貯蓄計画を立てているのであります。